獨協大学国際教養学部入試の英語対策

獨協大学国際教養学部入試の英語問題は5セクションに分かれています。

セクション1は空所補充問題で、文法と語彙・慣用句に関するもの。
セクション2 は文型・文法と語彙・慣用句に関する整序問題。
セクション3 は長文読解の空所補充問題で、前後関係が分からないと解けない問題。
セクション4 は比較的短い英文の内容理解に関する問題で、選択肢が日本語で書かれている。
セクション5 も比較的短い英文の内容理解に関する問題で、こちらは選択肢が英語で書かれている。

語彙力、文法力、読解力など幅広い英語能力が試されており、受験者層の英語力はとても高いので、入念な対策が求められます。

 

単語力を上げるためにはこのような上位大学に対応している参考書をオススメします。

単語はなるべく早いうちに終わらせすぐに演習に入りましょう(高3の夏休みがリミット!)。

 

文法問題はレベルは高いですが、重箱の隅をつつくような奇問は滅多に出題されないので、基礎的な知識をしっかりと理解していれば十分に対応できます。

オススメとしては受験サプリの「高3スタンダードレベル・英語文法編」でしょうか。

この講座をマスターして、時間に余裕があるようでしたら「高3ハイレベル英語~文法編~」を学習すれば、獨協大学国際教養学部の英語で困ることはないでしょう。

 

長文読解は、こちらは過去問の演習を中心にして、最終的には受験サプリの「高3ハイレベル英語~読解編~」をマスターすれば怖いものなしです。

 

受験サプリの詳細・登録は↓のリンクから

 

各科目の対策一覧

獨協大学国際教養学部入試の英語対策

獨協大学国際教養学部入試の他の科目対策

サブコンテンツ

このページの先頭へ