教養学部(国際教養学部)の就職はいいのか?

教養学部の就職は普通の学部とそれほど変わらない

教養学部(もしくはそれに準ずる学部)の就職状況はどうなっているのでしょうか。

ハッキリ言いますと、他の一般的な学部(例えば経済や英文科など)と変わりは全くありません。

現在の就活の現状では大学時代の専攻は全く問われなくなってきており、大学時代で何を学び、そしてそこからどのように成長することが出来たかという点をはっきりと言えるようになれば就職は全く問題ありません。

 

しかし注意しておいてほしいのは、やはり大学の偏差値は就職の良しあしに大きく影響します。

例えば同じ教養学部系の学部出身でも、より高い偏差値の所に行っていれば大手の企業や銀行に採用されています。

ところが、偏差値が低い大学の教養学部系を出ている学生の大手企業就職率は高偏差値の大学と比べてかなり低いです(疑った人は各大学の就職状況のページを見て比較してみてください)。

 

これはしかし、学部を問わずどこも同じような状況ですので、教養学部系の学部に進学したくて将来的には大手の企業に就職したいという人は、偏差値の高いレベルの高い大学に進学することをお勧めします。

また、もし将来は研究職で大学院に進学したいという人もなるべくいい大学に行っておくことをお勧めします。

教養学部では専門的な科目は他大に比べて履修しづらい傾向がありますからレベルの高い大学に行って、他の学部の授業を聴講するなどして自分の将来の専門をしっかりと学びましょう。

 


教養学部・それに似た学部について詳しく知りたい方はこちらから資料請求をしてみましょう。 (今なら資料請求をすると図書券がもらえるキャンペーン中です)
サブコンテンツ

このページの先頭へ