大学で何を学ぶか決められない時はどうする?

教養学部に進学すれば大学に入ってから自分の専門が決められます。

高校生、もしくは受験生のみなさんで自分が将来何を勉強したいかをまだ決めかねている人もいるでしょう。

大学での勉強は高校とは全く違います。

そんな状況では、大学での学びのイメージは掴みづらく、自分が一体どのような学部に進学すればいいか決めるのはとても難しいと思います。

また、大学では一体何を勉強するのか全くわからないという人もいるでしょう。

そのような人にはぜひとも教養学部、特に入学時に自分の専攻を選ばなくていい教養学部系の学部へ進学することをお勧めします。

このような学部に入れば、大学の最初の2年間を使って、じっくりと自分の専門を決めることが出来ます。

例えば、「自分はなんとなく法律に興味があるけどこれを専門にしたいかはまだわからない」という人は入学してから法律系の授業を取りつつ様々な分野の科目を履修していく中で、本当に法律を学びたいのかを決めることが出来ます。

もしここで「やはり自分は法律には向かない」と気づけば自分の専門を簡単に変更することができますから、カリキュラムの柔軟性は他の学部とは全く違います。

 

 

受験生、そしてその親御さん方。

是非とも進学先として教養学部を検討してみてください。

教養学部での学びの可能性は無限大であり、まだ気づいていない自分を発見できるかもしれません。

教養学部についてさらに詳しく知りたい方はこちらから

教養学部とは?

 

 


教養学部・それに似た学部について詳しく知りたい方はこちらから資料請求をしてみましょう。 (今なら資料請求をすると図書券がもらえるキャンペーン中です)
サブコンテンツ

このページの先頭へ