首都大学東京都市教養学部の偏差値・学費・学び・評判などを徹底解説

首都大学東京都市教養学部の基礎データ

大学所在地:東京都八王子市南大沢1-1

学部の設立年:2005年

偏差値:57.5 (経営学系・法学系・人文・社会系)、60.0 (理工系)

学費(初年度, 2015年)661,800円(東京都民)、802,800円(それ以外の方)

募集定員数900 人

男女比 62:38

入学後の専門決定:○

人文科学系科目:○

社会科学系科目:○

自然科学系科目: ○

留学: 選択

 

 

首都大学東京都市教養学部での学習内容

首都大学東京都市教養学部では、文系・理系の枠にとらわれない様々なコースが用意されています。その系統は大きく分けて4つで、それぞれ人文・社会系、法学系、経営学系、理工学系、があり、それぞれにいくつかのコースが配備されています。

 

また都市教養学部に入学すると、1年次では「基礎科目群」と呼ばれるいろいろな科目を履修することとなります。具体的には、少人数での演習形式が取られている「基礎ゼミナール」や、言語科目などが該当しています。他にも、教養教育科目として、専門分野の基礎知識を学ぶための「基盤科目群」やテーマごとに分類されている「教養科目群」などから、科目を選択して履修を組むことになります。

 

そして2年次からは都市政策コースを含むそれぞれのコースを選択し、専門的な知識を学ぶことになります。人文社会系では3コース、法学系では2コース、経営学系でも2コース、そして理工学系では6コースが配置されており、それぞれに所属して専門知識を習得していくことになります。

 

首都大学東京都市教養学部の特色

 

14コースから選択できる履修体系

首都大学東京都市教養学部では、先述した通り「人文・社会系」「法学系」「経営学系」「理工系」という4つの系統で分類されています。また、それぞれにいくつかコースがあり、成都は2年次に所属先を選択することができます。

人文・社会系では、「社会学コース」「心理学・教育学コース」「国際文化コース」があり、その中にさらに11個の専門分野が設けられています。続いて法学系では、「法律学コース」「政治学コース」が、経営学系では「経営学コース」「経済学コース」がそれぞれ設けられています。そして理工系では「数理科学コース」「物理学コース」「化学コース」「生命科学コース」「電気電子工学コース」「機械工学コース」の6つのコースが設けられているのです。

 

それぞれ特色ある4系統の領域

 

都市教養学部に配置されている4系統の領域では、それぞれにいろいろな特色がみられます。まず人文・社会コースでは、人間・社会・文化・教育を総合的に学べる場が用意されているほか、多彩なテーマで教員と生徒が対話しながら進めるというオムニバス形式の授業がとり行われています。

次に、法学系では、10~20人の少人数の授業編成を重視しており、専門クラスは約40教室用意されています。成績優秀者が3年次に飛び級で大学院へと編入できるのも特徴の一つです。

 

続けて、経営学系では、経営学・経済学を共に学びます。3年次には少人数制のゼミナールに参加し、4年次には卒業論文を仕上げます。

最後に理工系ですが、こちらは「トムソン・ロイター 論文引用度指数ランキング(2007~2011)」で国内大学1位に輝くなど、学術論文の質の良さに定評があります。他にも、3年次に海外留学支援プログラムを展開しています。

また、系統からは外れますが、独自の都市について学ぶことができる「都市政策コース」も教養学部に配置されています。

 

学部にかかわらず選べる副専攻コース

首都大学東京では、主専攻以外の副専攻としての専門科目も学ぶことできる仕組みになっています。在籍している学部やコースにかかわらず、特定分野の専門科目を履修することができますし、卒業時には副専攻コース修了証書も授与されます。

 

具体的なコースとしては、「観光経営副専攻コース」「人間健康科学副専攻コース」が用意されているほか、平成27年度からは「国際副専攻コース」も配置されます。観光経営副専攻コース、人間健康科学副専攻コースはともに、それぞれ観光分野の大学院や、人間科学・健康分野の大学院へと進む学生に履修を進めているコースとなっています。

 

 

首都大学東京都市教養学部の一般入試情報

 

人文・社会系(地歴か数学から1つ選択)

教科  科目  配点
国語 国語総合・現代文B・古典B 200
外国語 コミュ英語I・コミュ英語II・コミュ英語III・英語表現I・英語表現II(独・仏・中の選択可) 200
地歴 世B・日B・地理Bから選択 200
数学 数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル) 200

 

法学系

教科  科目  配点
国語 国語総合・現代文B・古典B 200
外国語 コミュ英語I・コミュ英語II・コミュ英語III・英語表現I・英語表現II(独・仏・中の選択可) 200

経営学系(地歴か数学から1つ選択)

教科  科目  配点
国語 国語総合・現代文B・古典B 150
外国語 コミュ英語I・コミュ英語II・コミュ英語III・英語表現I・英語表現II(独・仏・中の選択可) 150
地歴 世B・日B・地理Bから選択 150
数学 数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル) 150

 

理工系

教科  科目  配点
数学 数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)・数III 400
理科 「物基・物」・「化基・化」・「生基・生」・「地学基・地学」から1つ選択 200
外国語 コミュ英語I・コミュ英語II・コミュ英語III・英語表現I・英語表現II 200
サブコンテンツ

このページの先頭へ