桜美林大学リベラルアーツ学群の偏差値・学費・学び・評判などを徹底解説

桜美林大学リベラルアーツ学群の基礎データ

大学所在地 東京都町田市
学部の設立年 2007年
偏差値  40 (代々木ゼミナール換算 2012年)
学費(初年度, 2013年)1,314,000円
募集定員人数 950人
専任教員数 110人
男女比 4.5:5.5
入学後の専門決定:◯
人文科学系科目:◯
社会科学系科目:◯
自然科学系科目:◯
留学:選択

 

桜美林大学リベラルアーツ学群の公式パンフレットや願書はこちらから無料で手に入ります。
(今資料請求をすると図書券がもらえるキャンペーン中です)

桜美林大学リベラルアーツ学群での学習内容

桜美林大学リベラルアーツ学群でのカリキュラム図は以下の通りです。

http://www.obirin.ac.jp/liberal_arts/liberal_arts_colleges/liberal_arts/four_years_liberal_arts/7fl29600000008nu-att/7fl2960000069lrz.gifより引用

英語(語学)教育

桜美林大学では英語教育プログラム「ELP(English Language Program)」と呼ばれる英語教育を設置しています。この講義では英語の4技能(聴く・話す・読む・書く)をレベル別の少人数制クラスで学びます。この教育からら大学生活で必要な英語スキルを身につけつつ、「Critical Thinking(批判的思考)」も身につけます。

専門教育

入学してからは、「コア科目」、「基盤教育科目」と呼ばれる科目群を重点的に学んでいきます。

コア科目とは、桜美林大学の全学群で共通の科目です。「キリスト教入門」や「コンピューターリテラシー」など、大学での学びに必要なコアな知識を習得していきます。

基盤教育科目では、学問の基礎知識・入門知識を学んでいく中で、自分の興味を広げ、各自の専門(メジャー)の方向づけをしていきます。

専門(メジャー)の選択を行った後は、履修条件に基づいて専門的な知識の習得や学問としての教養を深めていきます。メジャーは専攻プログラムを指定された条件で修得すれば、卒業時に認定されます。また、メジャーを一つ選ぶだけではなく、マイナー(副専攻)や二つのメジャー(ダブルメジャー)などの組み合わせも可能ですので学生は自分の興味に合わせた学習の組み立てが可能です。

選択が可能な専攻分野は以下の通りです。

言語・文学
英語学・英文学

今や世界の共通語となっている英語の特徴を様々な角度から探るとともに、英語圏の文化についても学びます。

中国言語文化

日本と関わりの深い中国の言語を知り将来の活躍の場を広げます

日本語日本文学

母語である日本語の知識を深め、日本文学を読み味わう ことで、自己理解と世界とのつながりを探ります

日本語教育

日本語を改めて見つめ直す専攻です。日本語教育は日本語・日本文化を世界に発信する有力な手段です

言語学

ことばによってことばを考えることは自分の中を覗き、他人との交渉を考え、ヒトとは何かを考えることです

コミュニケーション学

国際化が進み、多様化・複雑化する社会でよりよい人間関係を築けるコミュニケーション能力の養成を目指す

現代・世界文学

文学こそは、国民性を理解する最良の手段。世界各国の優れた国民的文学から国際人としての教養を習得します

人文科学
キリスト教学

世界人口の3分の1がキリスト教徒。世界の文化や歴史を学びながらキリスト教についての理解を深めます

宗教学

人間社会において宗教が存在するのはなぜか? 現代における宗教の意義と本質を探究しよう

哲学

「人間や世界のあり方」の考察を通じ鋭い洞察力と思考力を育てます

倫理学

社会の切実な問題を正義や倫理の観点から深く分析し、解決へと導く実践力の基礎を養います

文化人類学

異文化を理解し、地球規模で人間社会の諸問題を考える力を養い、国際的に活躍する人材を育てます

歴史学

「歴史とは現在と過去との対話である」̶̶ 有名な歴史家が残したこの言葉の意味を一緒に考えていきましょう

地域研究
アメリカ地域研究

日本との関わりが深いアメリカを、歴史、経済、政治、文化から立体的に理解します

アジア地域研究

アジアが新たな時代を迎える今、アジアを知り、アジアにはばたき、アジアをリードする人材を育てます

社会科学
国際関係

戦争のない平和な世界に向け、グローバルな視点から新たな国際関係を創造します

国際協力

学問的な知識に加え、実践的な学びや行動力をもって地球規模の課題に挑みます

社会学

私たちが「常識」だと思っていること。その背後に隠された、社会のしくみや文化のあり方について学びます

国際経済

ダイナミックに変化する国際経済の動きを論理的に把握し、世界を舞台に働く知識と能力を養います

ビジネスエコノミクス

変化を続ける現代の企業活動を、経済学の視点から深く研究し、多様な産業分野で活躍できる能力を磨きます

公共政策

雇用・格差・金融・環境…様々な社会問題の原因とその解決策となる「政策」を考えます

メディア(ジャーナリズム)

読み、解き、考え、表現する多様なジャーナリズムの世界が学べる

博物館学 *マイナーのみ

人類が生んだ最高の文化装置と言われる「知の集結場所」博物館、その役割を考え、豊かな人間性を育てます

心理・教育
心理学

現代人が直面している心の問題に心理学の知識で立ち向かいます

教育学(教職教育)

人間の成長や教育のあり方を研究し、多角的視野を持った人間を目指します

数学・理科
数学

全ての学問の基礎・数学。他科目と合わせて学ぶことで、質の高い教養を身につける

物理学

世の中のあらゆる現象を俯瞰できる能力と、科学技術の発展に対応できる能力を身につける

化学

自然科学の基礎を体系的に学び、科学的な考え方を身につけます。

生物学

身近な生きものたちの理解から、生物学の学びへ踏み出します。

地球科学

宇宙と地球、素朴な疑問と好奇心で自然の不思議を解き明かします

情報・環境
情報科学

情報科学分野の専門知識と技術を幅広く習得し、知識と経験に基づいた思考力を有する人材を育てます

環境学

リベラルアーツだからこそ深められる環境学を学んでいきます

 

※カリキュラムの詳細はこちらから確認してください

桜美林大学リベラルアーツ学群の特色

日本屈指の柔軟なカリキュラム

桜美林大学リベラルアーツ学群は、日本有数の「リベラルアーツ教育」を展開している教育機関です。学習可能な科目は人文科学、社会科学、自然科学と全学問分野にわたっており、履修方法も、自分のメジャーを1つ選ぶシングルメジャー、メジャーと副専攻(マイナー)をもつメジャーマイナー、そしてメジャーを2つもつダブルメジャーと多彩です。このような自由なカリキュラムで学生はのびのびと自分の学問を組み立てることができ、学びを深めることが可能です。

グローバルアウトリーチプログラムによる海外体験

リベラルアーツ学群に所属している1〜2年生は、グローバルアウトリーチプログラムと呼ばれる海外研修に参加可能です(希望者全員が可能)。桜美林大学が提携している海外の大学で15週間〜18週間の語学プログラムを受講します。渡航先はカナダ、オーストラリア、アメリカ、ニュージーランド、韓国、中国などから選択可能で、学習可能な言語も英語、中国語、韓国語の3ヶ国語となっています。このプログラムで取得した単位は桜美林大学の単位として最高20単位まで認定されます。

学習アドバイザーによるきめ細かい指導

桜美林大学リベラルアーツ学群での学習は非常に自由になっており、学生には学習面での悩みが生じがちです。そのようなケースに備えて学習アドバイザー制度というシステムを取り入れています。このシステムは学生一人一人に専任教員がアドバイザーとして付き、学習面での悩みの相談に乗ってくれるというシステムです。また、各専攻に属している専任教員もその専攻についてのアドバイジングを行うなど、学習面でのサポートを徹底しています。

 

※より詳しい教育の特色はこちらから確認してください

桜美林大学リベラルアーツ学群の一般入試情報

センター試験利用入試

前期・中期・後期
教科  科目  配点
(国語) 国語(備考参照) 100
(外国語) 英・独・仏・中・韓から1[リスニングを課す] 150(30)
(地歴) 世A・日A・地理A・世B・日B・地理Bから選択 100
(公民) 現社・倫理・政経・「倫理・政経」から選択 100
(数学) 数I・数IA・数II・数IIB・簿記・情報から選択 100
(理科) 物基・化基・生基・地学基・物・化・生・地学から選択  100

※理科は,「基礎2科目」または「発展1科目」から選択
選択→国語・地歴・公民・数学・理科から2(理科基礎は2科目で1科目とみなす)

一般入試

前期3科目型
教科  科目  配点
(国語) 国語総合・現代文B(古典を除く) 100
(外国語) コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II 100
(地歴) 世B・日Bから選択 100
(公民) 政経 100
(数学) 数I・数A・数II・数B 100

選択→地歴・公民・数学から1

前、中期2科目型
教科  科目  配点
(国語) 国語総合・現代文B(古典を除く) 100
(外国語) コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II 100
前期英数型
教科  科目  配点
(数学) 数I・数A・数II・数B 100
(外国語) コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II 100
前期英理型
教科  科目  配点
(理科) 「物理」「化学」「生物」「地学」の分野から各3問(計12問)出題。その中から3問自由選択。 100
(外国語) コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II 100
前期英数理型
教科  科目  配点
(数学) 数I・数A・数II・数B  100
(理科) 「物理」「化学」「生物」「地学」の分野から各3問(計12問)出題。その中から3問自由選択。 100
(外国語) コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II 100
前期2科目英語重視型
教科  科目  配点
(国語) 国語総合・現代文B(古典を除く) 100
(外国語) コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II 150
中期3科目型(特定科目重視型)
教科  科目  配点
(国語)  国語総合・現代文B(古典を除く)  100
(数学) 数I・数A・数II・数B  100
(地歴) 日B 100
(外国語) コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II 100

選択→地歴・数学から1

※高得点科目を1.5倍換算

後期2科目型
教科  科目  配点
(国語) 国語総合・現代文B(古典を除く) 100
(外国語) コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II 100

 

※入試科目は必ず公式のパンフレットなどで確認してください

桜美林大学リベラルアーツ学群の評判・評価

東京都の町田市にある桜美林大学のリベラルアーツ学部ですが、日本有数の学際的な学部です。

開講分野が広く、専門性もかなりの所まで深められるので、大学の専攻が高校の内に決められなかった受験生や、大学では様々な事を幅広く学びたいという人にはうってつけの進学先になるでしょう。

特に、リベラルアーツ系の大学としは珍しく理数系の分野もカバーしています。

理数系の科目を専門的に設置している教養学部は

理系科目を学べる教養学部(系学部)一覧

のページで解説している通り、日本では数えるほどしかありませんから、非常にレアな学部と言えるでしょう。

ただ、理数系の教員の専門を確認してみると、バリバリの実験系というよりは科学教育などに力を入れているようなので、大学では理系でガンガン実験したいという人は注意が必要です。

 

入試の難易度に関しては非常にやさしくかつ入試方法も多様なため、学力面での心配はあまりせずに入学できると言えます。

過去問などを確認して、どの程度のレベルまでを学習しておけばいいのか確認しておきましょう。

就職状況に関しては、他の上位大学の教養系の学部に比べれば見劣りがちですが、中小企業内定者や公務員などを安定的に送り出していますから、実績としてはなかなかと言えます。

 

桜美林大学リベラルアーツ学群の公式パンフレットや願書はこちらから無料で手に入ります。
(今資料請求をすると図書券がもらえるキャンペーン中です)

サブコンテンツ

このページの先頭へ