京都大学総合人間学部の偏差値・学費・学び・評判などを徹底解説

京都大学総合人間学部の基礎データ

大学所在地: 京都市左京区吉田二本松町京都大学総合人間学部
学部の設立年:平成4年10月
偏差値:67.5(文系)、65.0(理系)
学費(初年度, 2015年)入学料282,000円、授業料535,800円(入学時。在学時に改定の可能瀬あり)
募集定員数 120 人
男女比 7:3
入学後の専門決定:○
人文科学系科目:○
社会科学系科目:×
自然科学系科目:○
留学:選択

 

京都大学総合人間学部の公式パンフレットや願書はこちらから手に入ります。
(今資料請求をすると図書券がもらえるキャンペーン中です)

京都大学総合人間学部での学習内容

京都大学総合人間学部は、全部で5つの学系に分かれています。それぞれ人間学系、認知情報学系、国際文系学系、文化環境学系、自然科学系となっておりますが、入学して1年間はどの学系にも属すことなく共通の科目を勉強することとなります。

また、カリキュラムとしては4年間のうちに全額共通科目のほか、総合人間学部特有の科目を勉強することとなります。1回生ではクラス担任制度を設けているほか、2回生以上は教員アドバイザー制度が用意されているため、学生生活において履修の悩みなどの相談応じてくれることも特徴の一つです。

 

一方、総合人間学部では、副専攻の制度が設けられています。これは、自身が専攻している学系以外の分野についても系統的に履修できる制度で、各自で選択することができます。その際、指導教員とじっくり相談することも可能です。また、この副専攻の科目を履修することで、副専攻名のついた認定証が発行されます。

また、総合人間学部では文系、理系に捉われず幅広い分野について学習することができます。たとえば文理が融合した視点で、新しい「人間の学」へのアプローチを学ぶことが学部の方針となっており、これは学士卒業過程において必要な観点でもあります。

 

※カリキュラムの詳細はこちらから確認してください

京都大学総合人間学部の特色

自由に選べる学科制度

京都大学総合人間学部では、入学時にはまだ専攻する学科を選択することはできません。基本的に2年時から5つの学科に分かれ、主専攻について学ぶようになります。そのため、1年次では幅広い分野に触れることで、その後の専攻を決めることができるのです。

また、総合人間学部では主専攻である分野のほかに、先攻していない分野についても副専攻として学ぶことができます。これにより、より一層「人間の学」への幅広い理解が深まることが期待されているのです。

 

幅広い学科設定

総合人間学部では、全部で5つの学科が制定されています。人間科学学科では思想や社会、文化の3つの面から現代の人間の系統について学ぶことができ、主に哲学や心理学、倫理学を学びます。認知情報学系では脳の機能をはじめとして、人間の認知や言語科学、行動制御額などを総合的に学ぶことができ、主に神経機能論や運動機能論などを学ぶことができます。他にも、国際文明学系では近代主義に重きを置いて、現状への分析、相対化を図ることができ、主に文明論や統計論を学びます。また文化環境学系では現代での民族性や地域性の意義を追求、比較することを目的としていて、主に環境学や民俗学について学ぶことができます。最後に自然科学系ですが、こちらでは物理学や無機・有機化学、生物科学などを学ぶことができる理系の学科となっています。

 

少人数制で学ぶ姿勢

総合人間学部では、1年次ではクラス担任制がとられていますが、2年次からは主専攻でのカリキュラムで勉強することとなります。総合人間学部では、この際基本的に、プレゼンテーション能力やコミュニケーション能力を身につけるために少人数制のゼミや演習形式が採用されています。これにより、柔軟なコミュニケーション能力のほか、社会に出ても活躍できるリーダーシップ能力を身につけることが期待されているのです。

また、総合人間学部では最終年度に主専攻の分野における卒業論文を発表し、それまでのリサーチプロセスを体験することが義務付けられています。卒業後は、大学院進学のほか、文理にわたる幅広い職場での活躍が期待されています。

※より詳細な教育の特色はこちらから確認してください

京都大学総合人間学部の一般入試情報

文系

教科  科目  配点
国語 国語総合・現代文B・古文B 150
地歴 世界史B・日本史B・地理Bから1つ 100
数学 数学Ⅰ・A((場合の数と確率・図形の性質・整数の性質)・数II・数B(数列・ベクトル) 200
外国語 コミュ英語I・コミュ英語II・コミュ英語III・英語表現I・英語表現II(独・仏・中の選択可) 200

 

 理系

教科  科目  配点
国語 国語総合・現代文B・古典B 150
数学 数Ⅰ・数A(場合の数と確率・図形の性質・整数の性質)・数Ⅱ・数B(数列・ベクトル)・数Ⅲ 200
理科 「物基・物」・「化基・化」・「生基・生」・「地学基・地学」から2つ 200
外国語 コミュ英語I・コミュ英語II・コミュ英語III・英語表現I・英語表現II(独・仏・中の選択可) 150

※入試科目は必ず公式のパンフレットなどで確認してください

 

京都大学総合人間学部の評判・評価

日本の最高学府である京都大学が持つ、学際的な学部です。

日本国内では珍しく、理系の学部もがっつりと学ぶことが可能なため、理系でも幅広い科目を受講したという受験生には大変オススメな進学先といえるでしょう。

評判に関しては、設立から20年以上が経ち教育内容もしっかりと体系立てられているため、かなりいいです。

そして、いわずもがな京都大学というネームバリューは日本全国で有利に働くことでしょう。

総評としては、レベル、教育内容、知名度、評判、どれをとっても最高の進学先と言えるでしょう。

 

京都大学総合人間学部の公式パンフレットや願書はこちらから手に入ります。
(今資料請求をすると図書券がもらえるキャンペーン中です)

サブコンテンツ

このページの先頭へ