慶應大学総合政策学部の入試対策

慶応大学総合政策学部の入試は小論文が固定で、英語と数学が選択式(英語と数学を両方受けることも可)となっています。

英語に関してはやはり慶応の英語にふさわしくかなりレベルが高いです。

恐らく私立の英語でも早稲田大学国際教養学部と並ぶトップクラスの難易度だと見受けられます。

数学に関しては、一見変わった問題が多いですが、基礎をしっかりと理解していれば十分に解けるものなので慌てずに対応したいところ。

小論文に関しては、こちらは対策に時間がかかるので早くから受験を意識した対策を始めておきましょう。

なお慶應大学の過去問はこちらから無料で閲覧可能ですので受験生の方は是非ご活用ください。

 

慶應大学総合政策学部入試の科目別対策法

慶應大学総合政策学部入試の英語対策

慶應大学総合政策学部入試の数学対策

慶應大学総合政策学部入試の小論文対策

サブコンテンツ

このページの先頭へ