国際基督教大学教養学部入試の自然科学対策

出題分野は数学、物理、化学、生物の4分野から独立して出題され、学生はその場で2分野を選択して解答していきます。

出題内容は以下の表の通りです。

自然科学 新教育課程 旧教育課程
数学 数学Ⅰ 、数学Ⅱ 、数学A、 数学B(数列、ベクトル) 数学Ⅰ 、数学Ⅱ 、数学A、 数学B
物理 物理基礎、物理 物理Ⅰ、物理Ⅱ
化学 化学基礎、化学 化学Ⅰ、化学Ⅱ
生物 生物基礎、生物 生物Ⅰ、生物Ⅱ

 

 

国際基督教大学の自然科学は、ICU入試で一番対策が立てやすいとされています。

というのも、学習した内容がそのまま出題されるのがこの「自然科学」という科目のみなので、学習がすぐに得点につながりやすいのです。

 

 

難易度に関しては、数学は近年難化の傾向があり、国立大学の理系学部レベルの問題が出題されています。

化学、物理、生物に関しては、マーチ上位校レベルであり、偏差値のわりにはそこまで難易度は高くはありません。

 

センターで安定して8割から9割解けているようでしたら、自然科学が原因で入試に落ちることないでしょう。

 

 

具体的な対策方法ですが、数学に関してはチャートでしたら青チャートは確実に終わらせ、余裕があるならばにまで手を出したいところです。

過去問を見ますと、数学Ⅱから問題が多く出題される傾向がありますので、数Ⅱの内容、特に微積をしっかりと終わらせておきましょう。

 

化学、物理、生物に関しては、一般的な参考書を一通り終わらせておけば問題ありません。

難関大学を受験する人以外は、基礎的〜やや発展的な問題集を終わらせ、あまり深くまでは突っ込んだ勉強はしないようにしましょう。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ