大学受験の英語の勉強方法

過去の受験生の英語学習方法をまとめました。

現役の方は参考にしてみてください。

 

英語の全体的な学習方法

大学受験の勉強方法は、とても簡単です。教科書をすべて頭に入れてしまえば、どこが出ても怖いものはありません。 でも、英語は、なかなか頭に入りません。一回英文を読むだけで、頭に英文は残らないのです。ですから、英語の勉強方法は、絶対に、怠ってはいけません。毎日、英文を読むことが受験勉強につながります。英語だけは、受験の前に、ちょっと勉強してなんとかなる教科ではないのです。日々の努力が実を結ぶ教科なのです。 ですから、毎日教科書を音読することで、頭の中に英文を残すことが出来るのです。日本語も毎日話しているうちに覚えます。英語も同じことです。ですから、英語の受験勉強の方法は、今からでも毎日英文を音読しましょう。

2000年受験生(男性)

英単語学習法

“中学1年から高校3年までの6年間、英語の授業を受けていたのに、いざ受験問題を解こうとするとさっぱりわからない。 長文を読んでも、分かる単語はいくつかあるけれど何が書いてあるのかさっぱりわからない。 こんな状態で予備校に通い始めました。 先生は何度も何度も同じ例文を黒板に書き、覚えなさいと言います。 授業を受けている最中は「よし!勉強している!」と頑張っている気になっていました。 しかし、模試の結果は散々。先生が繰り返し言っていた例文を覚えるだけでは、到底太刀打ち出来ません。 こんなに同じ事を何度もやって、何の意味があるのかさっぱり分かりませんでした。 ところが冬にさしかかったある日、突然英文が読めるようになったのです。 それからは一気に理解力が深まり、受験当日には簡単に問題が解けました。 英語は同じペースで成績は上がりません。ずっと停滞して、最後に一気に伸びるのです。

2005年 受験生(女性)

英単語は覚えるしかどうにもならないものなのです。 ちなみに、文章というのは英語にかぎらず、単語がわからなくても前後の文脈で単語を予想することができます。 これは受験勉強でも必要なテクニックで、むしろ問題でもこの単語がどういう意味か、という問題がでるほどです。 英単語はかなりの数が存在します。 すべてを覚えるなど、不可能です。 ただ、覚えているか覚えていないかでは、圧倒的に覚えていたほうが有利なのです。 ある程度のレベル以上の大学を目指すとなると、よく売っている単語帳レベルでは足りません。 英単語はたくさんありますが、よく使われるものにはある程度限りがあります。 なので、知らない単語がでてきたらひたすら単語カードを作る、という強引なやり方で、でてきた単語をすべて覚えるようにしました。 その結果、かなり英語の成績はあがりました。

2009年 受験生(男性)

大学受験をするにあたって、避けては通れないものといえば英語です。 英語を理解するために、必然的に覚える必要があるものといえば英単語が挙げられます。 大学受験の英語は難解であることが多いですし、英単語だけは高校生の早い時期から覚えておいた方がかなりおすすめです。 英単語は複雑な知識がなくてもすぐに意味を結びつけると覚えることができますし、知っている英単語が増えるということは、長文を読解するときにも非常に有利になると思えました。 私は高校3年生になるまであまり英単語を覚えてこなかったので、本当に焦ったことを思い出します。 英単語だけではなく、良く使われる熟語であったり、時間や量などをあらわす熟語や副詞などは覚えておくだけで一気に英語が理解しやすくなります。

2013年 受験生(男性)

英単語の勉強法、自分なりに考えていますか? 私が経験した、英単語の勉強法について、お話しさせて頂きます。 ポイントは、 1,理解できる英単語を増やす 2,同意語・反意語・対語を理解する 3,前置詞を理解する といったところでしょうか。 1,理解できる英単語の数が増えると、文章を理解するスピードが上がります。 2,理解している英単語の語彙数を増やすために、同意語・反意語・対語を理解しながら、単語を確認しましょう。 暗記をしてはいけません。 重要なので、もう一度。 「覚えようとしてはいけません」。 単語の確認作業を、最低5回以上反復しましょう。 繰り返すことで、単語への理解力が深まります。 3,前置詞の意味を、わかったつもりになっていませんか? 辞書等で、理解しながら確認しましょう。 前置詞は、様々な意味を持ちます。 例文で、使用法も確認しましょう。 前置詞を理解していると、英語文章の微細なニュアンスが、見えてきます。

2000年受験生(女性)

大学受験で英語は一番重要な教科です。英語を勉強する上で、最も悩まされる事はわからない単語が多すぎる事でしょう。英文を読めるようになる為には、文法も大事ですが、できるだけ多くの単語を覚える事が一番大切です。単語を覚えるコツは人それぞれです。ですが、できるだけ多くの英文を読む事が大切だと私は思います。教科書や参考書の英文を読んで、わからない単語はひたすら辞書で調べてください。この繰り返しを続けるだけでも、かなりの単語を覚える事が出来ます。 また、どの単語を覚えればよいのかわからない時は、大学受験用の英単語集を活用すると良いでしょう。私のお勧めの単語集はターゲット1900です。必ず覚えておきたい単語から難関大学の試験で出てくる単語まで掲載されているので、この本だけで受験に対応できます。 英単語を覚えるには毎日の積み重ねが大事です。

2008年 受験生 (女性)

サブコンテンツ

このページの先頭へ