大学受験での歴史の覚え方

大学受験で歴史を勉強するにあたっては、ただ人物やその年の起きた出来事などを覚えるだけではなく、時代の流れを意識して覚えるようにするのがおすすめです。

時代の移り変わりや、世界とのつながりなどを意識すると、効率よく歴史の暗記がしやすくなると思われます。

 

世界史では複雑な横文字の人物を覚える必要があり大変ですが、その人物の頭文字と物事や出来事とを結びつけるようにしてごろ合わせにして記憶しておくと、試験の時に思い出しやすくなるのでおすすめです。

 

また、歴史はとにかく暗記することが求められる教科でもあるので、なるべく空き時間には参考書をチェックしたり、集中して繰り返し何度か問題を解くなどすると、記憶が定着しやすくなります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ