受験で一番大切なのは参考書選び

大学受験をするにあたっては、塾や家庭教師を利用する方ばかりではなく、学校の勉強と独学で対策される方もたくさんいらっしゃいます。

その際に大切になるのが、参考書選びです。

学校によって指定されていることもありますが、なるべく自分がとっつきやすくて理解しやすいと思える教材を選ぶとおすすめです。

あまり賢くないのに、レベルの高い数学の参考書を買って挫折するというのはありがちなパターンです。

 

初歩から説明してあるような基礎レベルの参考書に買い換えたところ、自分のレベルにあっていて使いやすかったので、勉強がはかどるようになります。

 

また、大学受験では苦手分野対策が必要です。 英語や数学などは急に成績を伸ばすのは難しいので、日々の継続した努力や、基本を確実に知っておくことが大切です。”

サブコンテンツ

このページの先頭へ