勉強の際に大切な血糖値コントロール

勉強をしていると、お腹が減ってイライラしてくることってありますよね。

そのイライラのせいで勉強に手がつかないなんてこともしばしば。

そのような事態に備えて大事なのが血糖値のコントロールです。

人間はお腹が空いて、血液中のグルコースという糖分濃度が下がると集中力が低下することが研究から分かっています。

ですから、勉強をしていて2時間ごとなど、定期的にチョコレートや飴など、糖分を含んだものを小分けに食べる習慣をつけましょう。

この際、食べすぎると虫歯や肥満の原因になりますので、チョコならひとかけら、飴なら1つ程度がジャストサイズです。

また、毎日これを続けると確実に肥満になりますから、間食の後の食事の量などを減らし、1日のトータル摂取カロリーはを成人のレベルに抑えるようにしましょう。

このちょっとしたテクニックで、勉強への集中力は格段に持続しますから、勉強の際には甘い物をちょこっと机の片隅に置いておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ